Steve Gardner
スティーブ・ガードナー
ギター、ハーモニカ、ヴォーカル
ブルースはいつも、僕の生活のなかにあった。
「僕がブルースのとりこになったのは、子どものころ。1956年に生まれた僕の生活の中には、カントリー・バンドの音楽のギターやハーモニカとともに、野原や畑を渡る低いうめきのような音楽がいつもあった。日曜日の教会の開け放たれた窓から飛び出してくるゴスペルの歌声、つけっぱなしのラジオからガンガン流れてくるブラック・ミュージック・・・。土曜の夕べに魚を揚げるとき、聞こえてくるのもブルースだった」

サザン・ミシシッピー大学ジャーナリスム科卒業後、地元の日刊紙ジャクソン・ディリー・ニューズ社写真部に勤務したスティーブは、仕事のかたわら、サム・チャットマン(チャーリー・パットンの従兄弟でミシシッピー・シークのメンバー)など、ミシシッピー・デルタのブルースマンたちとの親交を深め、ブルースの手ほどきを受けた。

1980年に来日したスティーブは、「タイム」「ニューズウィーク」誌をはじめ、多くの雑誌のアジア取材でフォト・ジャーナリストとして活躍。いっぽう、東京のブルース・シーンでブルース・ハーピストとして知られるようになる。その後、東京とミシシッピーを往復し、ジャック・オーエンス、ジェシー・メイ・ヒンピルをはじめ、デルタのブルースメンの写真を撮り続け、1994年に写真集『Rumbling Mind』を出版した。

1996年にボトルネック・ブルースバンドを結成して以来、ライブ活動を精力的に開始。2002年にファーストCD『Rambling With The Blues』、セカンドCD『Big Delta Crossing』、サードCD『Walkin' The Dog』、フォースCD『Jericho』、2011年に5枚目のCD『Woolly Bully Express』をリリースした。東京の各大学でブルースとアメリカ南部の文化に関する講義を行い、明治大学でも非常勤講師として教鞭を取っている。2009年、2010年には「ウィーン・ブルース・フェスティバル」に招かれた。毎年夏には、アメリカツアーを精力的に行っている。


E-mail to Steve

Sitemap